泰丸だしパック
スポンサードリンク
スポンサードリンク

泰丸だしパックとは

泰丸だしパックは、愛媛県松山市にある高橋商店が販売している海鮮だしのパックです。泰丸だしパックは、全国のいろいろな美味しいだしの材料を発掘して、独自に考案してブレンドしただしのパックですが、和風万能だしと言うだけあって、和食料理を作る場合には便利なだしパックです。
高橋商店は泰丸だしパックだけしか商品がない事で、余計な派生商品を作ってゴチャゴチャにしていないところです。日本料理の名店と言われるところは、どこでもだしは一種類だけですが、それだけ味の統一性を重視するのが日本料理と言えます。その意味でる高橋商店が泰丸だしパックしか販売しないのは、実に理にかなった正統な商品作りと言えます。

真の食材ばかりを贅沢に使った極上煮干と鰹節の『無添加だしパック』 《10g...  完全無添加・天然原料100%使用(鰹枯本節・昆布・椎茸)天然無添加だしパック(合わせだし)

いい加減差のない泰丸だしパック

泰丸だしパックの様なだしパックの製品が最近多く販売されていますが、鍋用やおでん用、お吸い物用など、いろいろな出しの製品を発売して、いかにも本格志向のように見せかけていますが、実際素材に拘れば、そんなにだしのバリエーションが増えるはずもなく、見せ掛けの製品が多いと言えます。
そうした製品に比べて泰丸だしパックは、パックを破って醤油をたらしてご飯に載せて食べても美味しいもので、日本料理のどの料理に使って間違いありません。ただだしを取る時は、ぐつぐつ煮立てた熱湯にいきなり泰丸だしパックを放り込むのではなく、煮立って一旦火を止めて、熱湯が落ち着いたら泰丸だしパックを落とし込み、ゆっくりとだしを抽出するようにすれば、極上の和風だしがとれます。

泰丸だしパックの使い方

泰丸だしパックを使った料理は、高橋商店のホームページで紹介されていますが、まずはお澄ましでだしそのものの味を味わってみて、だしの特徴を見てください。泰丸だしパックの使い方で、煮出す時間でかなりだしの味が変わりますが、お澄ましの場合はせいぜい一分ぐらいで、煮立たせない事です。泰丸だしパックはそれなりに濃厚なだしと言えますから、上品なだしを取りたければ、一分以内で泰丸だしパックを取り出したほうが良いでしょう。
味噌汁なども赤ミソと白ミソでは、出しの取り方も違います。味の濃い素材を料理する場合は、だしもその味に負けない濃いものがあってきます。だしの煮出し時間もそれなりに考えてください。だしと素材のバランスを考えて、だしの取り方を工夫しないと、折角の美味しい泰丸だしパックも、その真価が半減してしまいます。また使い終わった泰丸だしパックは捨てないで、フライパンで乾煎りして、醤油と砂糖で味付けすれば、ミネラルたっぷりのフリカケになります。

泰丸だしパック